• "Enter your caption here"
  • "Enter your caption here"

初心者でも安心して利用できるFX

iuruuer8e XMというFX業者は初心者でも安心して利用する事ができるFX業者として外す事はまず考えられません。あまり馴染みの無い名前だと思われる方も多いかも知れませんが、XEマーケットという名前でならあああそこかと思い当たる人も多いのではないでしょうか。以前から日本向けのサービスを提供している実績のあるところですし、XMをホームとしてFX取引をされている日本人とレーダーも数多くいます。また、FXトレーダーだけではなく、バイナリーオプショントレーダーの間でも話題になっている業者です。比較のサイトでもFX業者にも関わらずよく登場しています。

多数のトレーダーからXE Marketsがここまで支持している理由としては、日本語でのサポートが充実しているとことがあります。日本語でランディングページになるメインサイトが表示されるのは勿論のこと、口座開設後に無料で相談できるメール、チャット、電話でのサポートも全て日本語で行われます。英語がろくに使えないために海外のFX業者の利用をあきらめていたと言う人であっても、日本語で対応されるXMなら安心して利用できます。国内業者を使うメリットもありますが、取引商品が多く利益獲得の効率も良い海外業者を使えないのでは選択肢を減らし活動範囲を狭めることになってしまいますからね。

海外業者も多数ありますが、その中でもXMは通貨ペアの取り扱い数が50以上と際立って多い業者です。誰もが知る安定さに定評があるSドル/日本円などのメジャー通貨を始めに、変動幅が広くリスクが高いながらうまく相場を運用すれば膨大な利益を生み出すことが可能なマイナー通貨までといった物まで取り揃えられています。

こうした理由から、日本語サポートがあるという理由でXMを利用することになった元初心者トレーダーが、さまざまな取引に挑戦するようなアドバンスドトレーダーとなった後でも、そのまま継続してXMを使う場合が多いのです。通貨ペアだけでなく、商品先物や株価指数、原油による取引もできるということもその理由でもあります。経験を積み資金的に余裕が生まれたなら、さまざまな商品への投資を考えて分散投資に挑むのもおすすめできます。

また、オンラインとレーダーにとっては取引プラットフォームは命綱と言えるものですが、XMではグローバル・スタンダードと言えるMeta Trader4を採用しています。提供されるバージョンもダウンロード型でPCにインストールして使うタイプだけではなく、スマートフォンやタブレットに対応したバージョン、インストール不要のウェブブラウザツール、Macにネイティブで対応しているバージョンと、トレーダーを選ばないさまざまな環境で使えるバージョンが用意されています。FX業者の多くはWindows版しか用意してない現状では、Macユーザーには大変うれしいことだろうと思います。

FXで重要な条件はスプレッドの狭さだと言われていますが、だからと言って他のことを軽視してしまうと、システムの脆弱さや取引の不透明さのような問題で後々悩まされることになるかも知れません。XMは約定拒否をしない、言い換えれば約定率100%を実現している稀有な業者でもあります。ただ指標発表時等でトラフィックが異常に増加するようなケースではやむを得ず例外もでるようですが、可能な限りはスムーズな取引を続行するよう企業努力を行うとしています。他にもあまり知られていないようですが、電話を利用した大口の取引も行っています。口座タイプをトレードの規模に応じて選べることで、無駄な手数料を使うことなくコストカットを行うのに役立ちます。