• "Enter your caption here"
  • "Enter your caption here"

海外フォーラムで高い評価を受けたThinkForex

h9878近年では日本国内でのFX取引だけではなく、海外の業者を使って取引をしてみたいと希望している人も多いでしょう。そんな中で最近、注目を浴びてきている業者があります。それは「ThinkForex」という業者です。

海外フォーラムで高い評価を受け、サポート体制が非常に手厚いことで知られるThinkForexは、元々、ニュージーランドの業者でした。近年になり、オーストラリアに本社を移転させたことで、サービスがより手厚くなりました。

それでは、他のFX業者と違うThinkForexとは一体何なのでしょうか。ちょっとしたFX比較をしてみましょう。まず、ThinkForexはボーナスを設定しています。入金額に対応したボーナスを受け取れるようになっているので、ボーナス目当てでThinkForexを利用する人もいます。しかし、ボーナス制度について詳しく見ていくと、ボーナスを実現させるためには取引量が関係してくることがわかります。

例を挙げると、ThinkForexでは最低入金額が2,000ドル以上ないとボーナスを受け取れない設定になっています。さらに入金後60日以内に取引条件を満たせない場合には、これらのお金が口座から引かれてしまいます。つまり、2,000ドルを60日以内に口座にない場合、口座からお金が引かれてしまうのです。ボーナスは入金額の10%という決まりになっているので、200ドルのボーナスを受け取れることになりますが、取引スタイルによってはそう簡単に実現できる数字ではありません。この条件を満たすためには、最低400万通貨以上の取引量を実現させることによってボーナスがつくので、誰でも簡単にお金を受け取れるという設定にはなっていません。

次に見ていくのはスプレッドです。ThinkForexUSD/JPY、EUR/USDで、目安1pipsのスプレッドですが、これは他の業者と比較しても、それほど目新しいものではありません。ただ、ThinkForexは約定スピードが早いため、その点では目を見張る必要があります。約定スピードが早いということは、それだけ、次の取引に進みやすくなるということです。

ThinkForexは日本人のサポートスタッフがおり、いつでもサポート体制が整っており、ボーナスもあり、スプレッドもそこまで悪いものではなく、約定スピードの早さを見ても優良業者であると評価して良いでしょう。その証拠に、実際、ThinkForexを利用している顧客も多く、賑わっていることから見ても、その優勢ぶりがうかがえます。初心者でもサポートが整っているのでもちろん大丈夫ですし、これまで色々な業者を利用してきていまいちだと感じた方でも安心して使える業者です。