• "Enter your caption here"
  • "Enter your caption here"

バイナリーオプションを管理する

iuerw バイナリーオプションは、分かりやすい取引ルールや小回りの利く資金運用などで初心者にも人気の高い投資商品です。
取引ルールには幾らかの種類がありますが、日本で最も利用されているのはハイ&ローオプションというもので、通貨の価格が、一定時間が過ぎた後に、決められた価格よりも上か下かを予測し、それが当たれば配当金が受取れ、外れれば投資した資金が没収される取引ルールになっています。

ところが、このシンプルなルールがゆえに、ついつい競馬や競輪などのギャンブルのようにバイナリーオプションを利用してしまい、せっかくの資産を失ってしまう投資家も少なくはありません。
特に、投資取引が初めてという人たちも多いために、投資での勝ち方が分からずに、みるみるうちに全資産を使い切ってしまい、投資自体を行えなくなるケースもあります。


こうした事を防いで長く大切に資金を使い、利益を増やしていきながら資産運用をしていく為には、目標を付けて自分自身の投資スタイルを管理していく必要があります。

目標に向かって課題を設定し、それに対しての実績を出していくビジネス用法の一つにゲーミフィケーション、もしくはゲーミフィングと呼ばれるものがあります。
簡単に説明をすると、目標の達成するためや、その達成のための行動を実践するためのモチベーションや集中力を高めて持続させていくために、その活動全体にゲーム的な要素を取り込んでいく、というものです。

例えば、目先の一回ごとの勝敗にこだわり、勝とうとして気持ちが焦ってしまうと、全体の流れが見えずについ資金を使いすぎてしまうような事につながりますが、こうした時は、10万円の資金を10分の1に分け、その1万円を10回に分けて投資をして行きます。
この10回の投資で1万円を超えることができたら、その時点で余っている資金をすべて資金に戻し、新たな10回を設定してまた投資をし、もし使い切ってしまったら、残りの資金を確認して、そこから新たな10回を設定して投資をするのです。


このようにマイルストーンを決めて長く複数回の投資で目標に達するように、ゲームのような目標設定をしておけば、心理的に熱くなった場合でもメンタル面でのリセットができますし、自分の持っている資産がどのぐらいあるのかも管理できますので、投資をギャンブルとしてではなく、資産運用の一つとして考えるクセがつくのです。

実際のバイナリーオプションの取引きは、その投資家ごとにスタイルもそれに伴う生活の様態も様々ですので、ゲームのルールを決めるためには、その特性や問題に沿って考える必要がありますが、実際の取引きとは先ほどの例のように、投資とは違う「ゲームをするようにして目標や問題を解決していく」という考え方を取り入れることで、投資取引をより深く考えられるようになる事もあります。

もし、バイナリーオプションでどうしても取引きが上手くいかなかったり、がんばっているのに資産が減っていくようなことがあるのであれば、こうしたゲーミフィケーションのやり方を取り入れてみることもお勧めします。